ひとりで悩む前に崎谷医師(医学博士)へ問診相談をどうぞ。お申し込みは⇒コチラ

リウマチとは

関節リウマチは関節滑膜を病変の首座とする慢性の炎症です。100万人近くの人々が発症しています。初期から関節の破壊が進展し、身体機能が障害されます。そのため全身の関節の激痛と変形のために手術治療をしなくてはならない事態に陥ります。膝、股関節、腰椎、頚椎が効率に変形するために何度も手術を繰り返します。

現代医療では、原因不明の難病です。
現在、治療は手術と医薬品のみです。あくまでも対処療法という症状を抑えるだけの治療です。病院の対処療法の間でも、関節リウマチはどんどん進行していきます。関節リウマチの患者さんは、国民の平均寿命よりかなり下回っています。

医薬品としては、抗リウマチ薬、生物学的製剤、ステロイド、抗炎症薬が使用されています。これらの薬は副作用が強く、飲めば飲むほど、全身を蝕み、体調が悪くなっていくのが現状なのです。関節リウマチの患者の死因は、医薬品の副作用と考えられる感染症、間質性肺炎が半数以上をしめるという厳しい現状です。

次ページへ:リウマチの症状(1)

リウマチ画像

ページトップへ

  • 崎谷医師(医学博士)の問診相談
  • ご相談内容を厳選し選考の上、ご返答させて頂きます。

お申込みはこちら⇒