ひとりで悩む前に崎谷医師(医学博士)へ問診相談をどうぞ。お申し込みは⇒コチラ

ドクターに聞きたいQ&A(関節リウマチについてQ17)

関節リウマチでお悩みの多くの方から当研究所に寄せられたご相談内容の一部を掲載いたします(個人情報は抹消しております)。ご自分の今後の治療にご活用頂けたら幸いです。

Q17.35歳女性です。ここ3か月間、体じゅううずく痛みがあります。日中もすぐ疲れ、不眠、頻繁に起こる頭痛にも悩まされうつ気味です。市販の痛み止めを服用しましたが、まったく痛みはとれません。特に、首、肩、背中をおさえると強い痛みが走ります。リウマチの初期症状でしょうか?

A.膠原病の中で全身の痛みが起こる疾患を鑑別しなければなりません。

まず、膠原病の代表である関節リウマチは、全身の関節に左右対称性に慢性炎症が起こります。関節が腫れて痛むことが特徴的です。

多発性筋痛症という疾患は、50歳以上の高齢者に好発し、肩、骨盤付近の痛みとこわばりが特徴的です。押えて痛くなることはありません。

線維筋痛症という疾患は20〜50歳の女性に好発し、押えると痛む部位(トリガーポイント)が特徴的です。うつ病、睡眠不足、ウイルス感染などが発症に関係していると考えられています。リウマチ性疾患のように痛み止めやステロイドが功を奏することはなく、抗うつ薬や運動療法に効果があると報告されています。

以上から、線維筋痛症という慢性疾患が最も考えうる疾患です。

次ページへ:関節リウマチについてQ18

関節リウマチについてQ&A
関節リウマチの原因についてQ&A
関節リウマチの治療についてQ&A

ページトップへ

  • 崎谷医師(医学博士)の問診相談
  • ご相談内容を厳選し選考の上、ご返答させて頂きます。

お申込みはこちら⇒